不眠症の原因は、以下の4つです。 ・病気 ・ストレス ・アルコール ・生活習慣 身体疾患や精神疾患が原因で、不眠症を引き起こす場合があります。 身体疾患だと呼吸器系、消化器系、皮膚系の疾患などで、精神疾患だとうつ病、精神分裂病、神経症といった疾患です。 このような疾患を抱えている場合には、不眠症に陥りやすいでしょう。 また、ストレスを溜め込むと自律神経のバランスが乱れてしまい、不眠症になってしまうこともあります。 眠れない時に、ナイトキャップとしてお酒を飲む方もいるかもしれません。 確かに、アルコールには眠気を誘う作用がありますが、アルコールに対する耐性が高くなると、さらに多くの量を摂取しなければ眠ることができなくなります。 眠りの質も悪くなりますし、アルコール依存症になる恐れもあり、やがてお酒を飲まないと眠れないという不眠症状に陥る危険性が高いです。 それに、不規則な生活習慣によって、不眠症に陥るケースも少なくありません。 例えば、交代勤務の仕事をしている人は、寝る時間が不規則なので、不眠症になりやすいです。 不眠症の主な原因は主にこの4つですが、この他にも恐怖体験や過去のトラウマなどにより不眠症を起こす可能性もあります。